Archive for the ‘裁判’ Category

横田基地訴訟控訴審判決の低周波音に関する判断について

2019-07-28

6月6日に東京高等裁判所で言い渡された第2次新横田基地公害訴訟の控訴審判決について、私が特に注目していたのは、横田基地周辺を飛行する米軍機から発生する低周波音に関する判断です。

近年の航空機騒音訴訟(社会的に注目されるものは、すべて自衛隊や米軍の基地に関する訴訟です)では、航空機から発生する騒音の被害とあわせて、低周波音による被害が主張されることがしばしばありますが、判決において、騒音による被害と区別して、低周波音による被害が認められた例は多くありません。

第2次新横田基地公害訴訟でも、低周波音による被害を主張しており、控訴審では、弁護団自ら、原告のうちの3名の方の自宅で低周波音の測定を行い、その測定結果報告書を証拠として提出しました。また、低周波音による物的影響(住居内の家具や建具が振動することです)が現に生じているところをビデオカメラで撮影して、その音声・映像を収めたDVDも提出しました。

少なくとも、低周波音による物的影響については、上記のようなはっきりした証拠があるのですから、控訴審判決が認めてくれるのではないかと考えていました。

けれども、控訴審判決では、低周波音による物的影響についても、身体的影響(睡眠妨害や、圧迫感・振動感といったものです)についても、原告ら(住民ら)がそれらの影響を受ける可能性があることは認定できるが、現に影響を受けていることまでは認定できないと判断されました。従って、判決は、原告らが低周波音の影響を受ける可能性があることを騒音による被害の一要素として考慮するにとどめる、という趣旨を述べました。

もしも、低周波音による(被害の可能性でなく)現実の被害があることが認定されれば、損害賠償の金額が増額されたかもしれませんが、上記のように、現実の被害までは認定されず、損害賠償の金額は1審判決と同じでした。

このように、低周波音に関する判断は、非常に残念な、納得できない内容でした。

航空機からの低周波音による被害が個々の基地訴訟において認定されたかどうかという問題については、いずれ騒音・低周波音・振動・悪臭問題の弁護士ブログで整理して書くつもりです。

横田基地訴訟の控訴審判決がありました(2019.6.6)

2019-06-19

2019年6月6日に、東京高等裁判所で、横田基地に関する騒音公害訴訟(原告団による呼び名は「第2次新横田基地公害訴訟」です)の控訴審判決が言い渡されました。

私は、この訴訟の弁護団の一員ですので、公判廷で判決言い渡しを聞きました。

航空機騒音訴訟としては、1981(昭和56)年の大阪国際空港訴訟最高裁判決(最判昭56.12.16)が著名ですが、最近の航空機騒音に関する訴訟で有名なものは、すべて自衛隊や米軍の基地に関する訴訟です。

法務省の公式ウェブサイトの中に、基地関係訴訟の簡単な説明があります(法務省の公式ウェブサイトのトップページ→「政策・施策別」の「国を当事者とする訴訟などの統一的・一元的処理」→「係属中の主な訴訟の概要」→「基地関係訴訟」)。

それによると、2019年1月31日現在で各地の裁判所に係属している基地関係訴訟は以下の8件です。
・横田基地訴訟(東京高等裁判所)
・岩国基地訴訟(広島高等裁判所)
・普天間基地訴訟(福岡高等裁判所那覇支部)
・普天間基地訴訟(那覇地方裁判所沖縄支部)
・嘉手納基地訴訟(福岡高等裁判所那覇支部)
・厚木基地訴訟(横浜地方裁判所)
・小松基地訴訟(金沢地方裁判所)
・新田原基地訴訟(宮崎地方裁判所)

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー