費用

弁護士費用

弁護士費用

※以下の費用には、すべて別途消費税が加算されます。

1 法律相談料

法律相談料は、30分ごとに5,000円です。ただし、初回相談に限り、1時間までは無料です。1時間を超えた分について、30分ごとに5,000円をお支払いください。

現地を訪問して御相談をお受けする場合には、法律相談料に加えて交通費実費をご負担ください。法律相談については、下記4の出張日当は必要ありません。

2 弁護士費用の目安

1 騒音・低周波音・振動事件

騒音・低周波音・振動事件の弁護士費用の目安は、以下の通りです。
これは、測定→交渉→公的紛争解決機関の手続と進む典型的な事案を想定しています。この典型的な流れに当てはまらない事案や、特殊な事情がある事案については、この目安とは異なる弁護士費用をお願いすることもありますので、あらかじめ御了解ください。
また、事件の性質や難易度に応じて弁護士費用も変わりますので、以下には幅のある金額を示しています。
なお、以下の金額はすべて消費税別です。

(1)測定

15万円~30万円

(2)交渉(上記の測定費用とは別料金です)

着手金:15万円~30万円
 報酬金(依頼者の納得できる解決が得られた場合のみ:30万円~45万円

(3)公害等調整委員会、都道府県公害審査会、弁護士会の機関での話し合い、裁判等の公的紛争解決手続(上記の測定や交渉の費用とは別料金です)

着手金:20万円~40万円
 報酬金(依頼者の納得できる解決が得られた場合のみ):45万円~90万円


この他、出張については実費(交通費、宿泊費等)や出張日当のご負担をお願いします。また、公的紛争解決手続については、その手続費用を実費としてご負担ください。

2 悪臭事件

私自身が悪臭の測定をすることはできませんので、測定費用については、悪臭の専門家に依頼するための費用がかかります。
交渉及び公的紛争解決手続の段階については、上記1の(2)(3)と同程度の金額です。また、出張の実費や手続費用については上記1の末尾と同様です。

3 実費

実費として、主に以下のような項目の費用が必要となります(これ以外の実費が必要となる場合もあります)。

・現地出張のための交通費や宿泊費

・都道府県公害審査会や公害等調整委員会、あるいは裁判所等の手続を申請する場合には、そのための手続費用(印紙代・郵便切手代)

・上記の通り、専門業者に測定を依頼する場合には、その測定料金(数十万円程度です)

4 出張日当

出張については、交通費や宿泊費等の実費の他に、出張日当のご負担をお願いします。

出張日当の金額(1回あたり)は、私の事務所から現地までの往復の移動時間によって、以下の通りです。

往復の移動時間が1時間以内5,000円
〃       1時間を超え2時間まで10,000円
〃       2時間を超え3時間まで20,000円
〃       3時間を超え4時間まで30,000円
〃       4時間を超える場合一律40,000円