弁護士費用

弁護士費用は、事件の難易など事案により異なる場合があり、依頼者様のご要望や状況によって最善な手続きが異なりますので、費用のことは気にせず、まずは気軽にご相談いただきたく思います。

当事務所は、費用が生じる際は必ず事前にご案内いたしますので、安心して法律相談をご利用ください。

 

[法律相談料]

1 初回相談は1時間まで無料

初回相談については、1時間まで無料で御相談をお受けします。1時間を超えた場合には、超過時間30分ごとに5,000円+消費税の相談料をお支払いください。

出張相談の場合には、別途交通費実費を御負担ください。

電話やメールでの御相談をお受けする場合には、その都度、協議の上で相談料を決めます。

 

2 2回目以降の相談について 

2回目以降の面接相談については、30分ごとに5,000円+消費税の相談料をお支払いください。また、出張相談の場合には、別途交通費実費を御負担ください。

2回目以降の相談を電話やメールでお受けする場合には、その相談内容により、相談料を御請求する場合があります。  

 

[騒音・低周波音・振動の測定費用]

騒音・低周波音・振動の測定方法と費用についてを御覧ください。

 

[弁護士が相手方との交渉をする場合の弁護士費用]

相手方との交渉を受任する場合の費用は、以下の通りです。

着手金:15万円~30万円(税別)

報酬金(依頼者の納得できる解決が得られた場合のみ):30万円~45万円(税別)

 

[公的紛争解決手続を利用する場合の弁護士費用]

公害等調整委員会、都道府県公害審査会、弁護士会の紛争解決機関、裁判等の公的紛争解決手続を受任する場合の費用は、以下の通りです。

着手金:20万円~40万円(税別)

報酬金(依頼者の納得できる解決が得られた場合のみ):45万円~90万円(税別)

※事案の性質によって難易度や業務量が異なりますので、上記は幅のある金額を示しています。なお、事案の内容によっては、上記の目安と異なる費用をお願いすることもあります。

 

[実費]

1.交通費及び宿泊費

現地訪問のために必要となる交通費及び宿泊費等の実費を御負担ください。

 

2.印紙代・郵便切手代等

都道府県公害審査会や公害等調整委員会、弁護士会の紛争解決機関、あるいは裁判所の手続等を申請する場合の手続費用です。

 

3.出張日当

法律相談については、出張日当は必要ありません。

受任に至った場合の出張日当の金額(1回あたり)は、当事務所から現地までの往復の移動時間により、以下の通りです。

往復の移動時間が1時間以内 なし
〃       1時間を超え2時間まで 5,000円
〃       2時間を超え3時間まで 10,000円
〃       3時間を超え4時間まで 20,000円
〃       4時間を超える場合 一律30,000円

※上記以外の実費が必要となる場合もあります。

 

[本人交渉・本人訴訟等支援プラン]

御本人が相手方と交渉することに対して助言する場合の費用は、上記「2回目以降の相談」と同じとします。ただし、御本人が訴訟等の公的手続を行うことについて助言する場合には、書面(御本人が提出する予定の書面あるいは相手方が提出した書面)の検討を要し、それに時間をとられる場合が多いため、時間制の料金体系をお願いすることが多くなりますが、詳細は個別具体的にご案内いたしますので、まずは気軽にお問い合わせください。

 

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー