弁護士費用

弁護士費用は、事案の性質や難易度などにより異なりますので、以下では、幅のある金額を示します。事案の内容によっては、以下で述べる金額とは異なる弁護士費用を御請求することもあります。

個別の案件における弁護士費用については、御相談をいただいた際に、必要に応じて見積りを御案内します。

[法律相談料]

1 初回相談は1時間まで無料

初回相談については、1時間まで無料で御相談をお受けします。1時間を超えた場合には、超過時間30分ごとに5,000円+消費税の相談料をお支払いください。これは、事務所においでいただいて相談をお受けする場合のほか、電話やオンライン会議による相談の場合も同じです。

出張相談の場合には、別途交通費実費を御負担ください。

2 2回目以降の相談について 

2回目以降の相談(事務所での相談、電話相談、オンライン会議による相談)については、30分ごとに5,000円+消費税の相談料をお支払いください。また、出張相談の場合には、別途交通費実費を御負担ください。

ただし、2回目以降であっても、短時間の電話やメールで終わる御相談の場合には、相談料を御請求しないことがあります。  

[騒音・低周波音・振動の測定費用]

騒音・低周波音・振動の測定方法と費用についてを御覧ください。

[相手方との交渉をする場合の弁護士費用]

相手方との交渉を受任する場合の費用は、以下の通りです。

着手金:15万円~30万円(税別)

報酬金(依頼者の納得できる解決が得られた場合のみ):20万円~40万円(税別)

[公的紛争解決手続を利用する場合の弁護士費用]

公害等調整委員会、都道府県公害審査会、弁護士会の紛争解決機関、裁判等の公的紛争解決手続を受任する場合の費用は、以下の通りです。

着手金:40万円~80万円(税別)

報酬金(依頼者の納得できる解決が得られた場合のみ):50万円~100万円(税別)

[実費]

実費として、以下の各項目の費用を御負担ください。

このため、御依頼をいただいた時点で、最初にお支払いいただく弁護士費用(着手金、調査費用等)とは別に、実費(出張日当を含みます)の見込み金額を預かり金としてお支払いください。この預かり金については、受任した業務の終了時に御精算します。また、業務の遂行の途中で預かり金が残り少なくなった場合には、追加の預かり金の支払いをお願いすることもありますので、御了解ください。

1 通信費

弁護士が、業務遂行に当たって、依頼者、紛争の相手方(またはその代理人)、その他の第三者に郵便等を発送する際の通信費を御負担ください。

2 交通費及び宿泊費

現地訪問等のために必要な交通費及び宿泊費等を御負担ください。

3 手続費用

都道府県公害審査会や公害等調整委員会、弁護士会の紛争解決機関、あるいは裁判所の手続等を申請する場合の手続費用(印紙代・郵便切手代等)を御負担ください。

4 出張日当

法律相談については、出張日当は必要ありません。

受任に至った場合には、当事務所から現地までの移動時間に応じ、以下の通りの出張日当を御負担ください。(下記は1日あたりの金額です)

片道の移動時間が2時間以内        日当なし

〃       2時間を超え4時間まで            5,000円

〃       4時間を超える場合           10,000円

5 その他

その他、業務の遂行に当たって必要な実費を御負担ください。たとえば、裁判の証拠として使用する書籍・雑誌等の購入費、弁護士法に基づく弁護士会照会を行うために弁護士会に納める費用等です。これらの実費が発生する際には、事前にお知らせし、御了解を得た上で支出します。

 

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー